VRカノジョはどこまでできる?一式揃えるために必要な費用は…?

VRアダルト動画は充実してきましたが、VRアダルトゲームってあまり聞きませんよね。

「VRアダルトゲームのクオリティ次第では、HMDを買い揃えたい」と考えている人も少なからずいるでしょう。

実際のところ、VRアダルトゲームはどの程度のクオリティの物が出回っているのでしょうか?

今回は、最近発売された話題のVRカノジョアダルトゲーム「VRカノジョ」について紹介します。

VRカノジョのプレイ動画については、コチラでまとめています
VRカノジョのプレイ動画まとめ

VRカノジョとは


VRカノジョとは、イリュージョンが開発したVR専用アダルトゲームです。

2017/02/28日に発売され、登場キャラクターである夕陽さくら(ゆうひ さくら)と、Hなことができるゲームなのです!

「息遣い」「体温」「すぐそばにいる存在感」を感じるほど、リアルな世界がここにあります。

服装が変更できるのはもちろん、下着や靴下、メガネだって自分で選ぶことができますよ!

どこまでできるの?

VRカノジョでもっとも気になることと言えば「どこまでできるのか」ですよね。

結論から言いますと、セックスまでできます!

胸の揺れ方や肌の質感がリアルで、「アダルトゲームはついにここまで来たのか」と言いたくなるほど。

VRアダルトゲームだからこそ実現できる、リアルなセックスを楽しむことができます。

ガンガン突きまくるバック

激しい騎乗位

頭を掴んで咥えさせるイラマチオ

この他にも顔射やぶっかけなどなど!

正直リアルさは画像では伝わらないので、絶対に動画を見てもらった方が良いと思います。

公式サイトでセックス中の動画が公開されていますので、ぜひ御覧ください!

ただしこの動画、ストリーミング再生すると停止しまくるほど重い場合があります…(笑)

ですので右下のアイコンをクリックして、ダウンロードしてから再生するのがオススメです。

ちなみにファイルのサイズは56.7MBと大きめです。

私がダウンロードしたときは5分ほどかかりましたので、今からダウンロードしておき、このページを読み終わってから見るのが良いかと思います。
VRカノジョ公式サイト

アップデートで衣装や機能の追加あり!

VRカノジョはアップデートで衣装や機能が追加されていきます。

ですのでインストール時点のままではなく、新しい楽しみ方が随時追加されていきます。

アップデート情報は公式サイトで公開されていますので、ときどきチェックしておきましょう。

現在予定されているアップデート内容は、下記の通りです。

  • 写メ機能
  • 追加マップ(夜の部屋)
  • 追加衣装
    • 制服カーディガン
    • 制服ブレザー
    • チャイナドレス2色
    • メイド服色違い

服装を変えるだけで雰囲気が変わるので、どんどん新しい衣装を追加してほしいですね。

要望フォームも設置される予定だそうなので、実装されたら思いついたことをどんどん送りましょう!

VRカノジョをプレイするために必要な物

VRカノジョをプレイするためには何が必要になるのでしょうか?簡単に説明しますと、下記の物が必要です。

  • ソフト(VRカノジョ)
  • HMD
  • パソコン
  • VRコントローラー(無くてもOK)

必要なものさえわかってしまえば、商品を選ぶだけなので簡単ですね!

もちろんVRカノジョに対応している商品を選ぶ必要がありますので、スペックに注意してください。

VRコントローラーは必須?

VRカノジョはVRコントローラーがなくても、キーボードとマウスでプレイすることができます。

しかしHMDを付けた状態で、キーボードとマウスを操作するとなれば…プレイしにくいことは容易に想像できますね。

ゲーム内でスカートを捲ったり電マを使うことができますので、VRコントローラーはあったほうが良いと思います。私は絶対ほしいです←

VRコントローラーがあるだけで画像のようなことが楽しめるなら、無いと損だと思います。

画像は服を着ていますが、もちろん脱がせた状態でも同じようにできますよ!

HTC ViveはVive Controllerがセットになっています。ですので新たにVRコントローラーを購入する必要はありません。

Oculus Rift CV1はOculus Touchが別売されています。実際にプレイしてみて、必要性を感じたら後日購入するのも良いでしょう。

PCが対応しているか調べるには?

自分の持っているパソコンが、VRカノジョに対応しているのか必ず確認しておきましょう。

VRカノジョの動作環境は下記の通りです。

対応OS Windows 7 / 8.1 / 10 64bit
DirectX DirectX 11 に対応した環境
CPU Intel Core i5 4590 以上
メインメモリ 実装 8GB 以上
HDD空き容量 4GB 以上
グラフィック NVIDIA GTX 970 or GTX 1060以上 / AMD R9 290 以上 ※1
入出力機器 ホイールマウス・キーボード 、 HDMI 1.3以上 、 USB3.0×3+USB2.0×1

※1「~に内蔵」もしくは「メインメモリ共有」と表記のあるグラフィックシステムは動作対象外です。

対応OSはWindowsのみですので、Macの人は残念ですがパソコンを買い替えるしかありません。

「OS」「CPU」「メインメモリ」は下記の方法で確認できます。

  1. 「スタートボタン」をクリック
  2. 「コンピューター」をクリック
  3. 右クリックで「プロパティ」をクリック

正直、これを見ても全くわからない人もいると思います。

そういう方は、VRカノジョの公式サイトに体験版が用意されていますので、ダウンロードしてプレイするのが手っ取り早いです。

問題なく動くことを確認してから、製品版を購入しましょう。

ノートパソコンでもプレイできる?

動作環境を満たしていれば、ノートパソコンでも動作します。しかしデスクトップPCと比べて動作が遅くなる可能性はあります。

VRカノジョはリアルさが魅力ですし、スローで動いたりフリーズは極力避けたいですよね。

VRに対応したノートパソコンとなれば、デスクトップPCと金額もさほど変わらないでしょう。

頻繁に持ち運ぶことが無いのであれば、デスクトップPCをオススメします。

VRカノジョの製品版はどこで買える?

周辺機器が整えば、残りはソフトの購入ですね。VRカノジョの製品版はどこで購入できるのでしょうか?

VRカノジョはダウンロード販売専用のソフトです。ですので、実店舗では販売されていません。

ネット上でのみ購入できます。

VRカノジョの開発元であるILLUSION(イリュージョン)の販売ページから購入できます。
http://www.illusion.jp/

VRカノジョの商品ページへは、トップ画面にある「VRカノジョ購入はこちらから!」と書かれたバナー、もしくはメニュー内にある「通信販売」からアクセスすることができます。

購入にはクレジットカードが必要になりますが、Vプリカを使用しての購入も可能です。

Vプリカはコンビニで購入できますので、クレジットカードを持っていない人や使いたくない人は、Vプリカがオススメです。

またダウンロード販売には、ILLUSION ONLINEへの会員登録が必要です。ちなみに会員登録は無料で、月額も年会費もかかりません。

費用の総額はいくら?

VRカノジョをプレイするための環境を揃えるには、総額いくらかかるのでしょうか?各商品の金額を一覧で書き出してみました。

分類 商品名 金額
ソフト VRカノジョ 4,980
HMD 「Oculus Rift cv1」 91,000
「HTC Vive」 120,200
パソコン Tsukumo eX.computer「VG7J-B81/T」 144,800
ASUS Oculus ready pc「ASUS G11CD」 135,500
VRコントローラー OculusTouch 23,982

パソコンは、公式サイトで紹介されていた物の新品価格です。もちろんスペックさえ足りていれば、他のパソコンでも構いません。

HMDは「Oculus Rift CV1」と「HTC Vive」のみ対応しています。VRコントローラーの「OculusTouch」を購入すればどちらも約12,000円ですので、大差はありません。好きな方を購入しましょう。

全てを1から揃えるとなると、最低でも26万円は必要になります。

今後VRアダルトゲームが増えてくることを考えて先行投資しておくのも良いですが…これだけ高額になるとツラいものがありますね。

しかしVRカノジョのクオリティを考えると、悪くない出費だと思います。

しかもVRコントローラーの動きに合わせて、正常位から脚を持ち上げさせることが出来るくらいですからね。

今後発売される作品はもっと現実に近いものになると考えて良いでしょう。

優先的に手に入れたいのはパソコン、次にHMDです。少しずつVRアダルトゲームをプレイできる環境を整えていきましょう。